来場者はなぜそこに足を留めるのか

展示場

展示会は、単に出展すれば来場者が来てくれるほど簡単なものではありません。準備を重ねてブースを構えたのに、まったく来場者が足を留めてくれないとなると苦しい結果になってしまいます。もちろん一概に言えませんが、なぜか人が素通りしてしまうブースには「顔」がないことがとても多いです。とてももったいないのは、取り扱っている商品がよいものなのに、何のブースか一見して分からないために素通りされてしまうケースでしょう。展示会であり即売会ではない、プロモーションであり売買ではないと捉えてしまいがちですが、ブースは情報を売る店舗と考え、それに適した店構えをすべきです。何を扱っているかも何が売りなのかもわからないブースへは、残念ながら誰も足は留めませんし、人が集まるはずもありません。ただし、デザイン性が高くキャッチーな装飾を施せばよいかというと、そういうものでもないのが難しいところです。よくある間違いは、あまりにも抽象的すぎて、何屋なのかが一目でわからないことでしょう。店構えなのですから、看板ははっきりと、会場の入り口からすぐに目に留まるくらい大きくシンプルに掲げるのが一番です。高い位置に大きく掲げ、そこまで誘導するようにたくさん露出するブースが多いのはこのためです。セオリーを踏まえた展示会施工業者なら、最適な看板を店につけてくれるでしょう。

わからないことを聞ける熟練の業者を

ブース

展示会施工業者にブースの「店構え」を整えてもらったら、次は「売り場」です。大手企業や有名ブランドならそれだけで足を留めてくれますが、そうでない場合、人は置いてある商品を見て集まって来ます。目的客ではないので、ほとんどは足早に通路を歩きながらキョロキョロと目で探し、気になったものに近寄るでしょう。もちろん来場者も何か面白いものはないかと探しているので、何かトリガーがあれば足を留める確率は高いです。そこでNGなのが、あれこれ見せたいものをたくさん置きすぎて、逆に何がメインなのか分からなくなっている売り場です。具体的な見せ方は展示会施工業者に任せるのが一番ですので、とにかくメインの商品を選び、それを強くアピールするための手段を考えましょう。また一般の店舗と同じように、入り口が狭くて入りにくいブースや照明が暗すぎるブース、整理整頓がされておらず物が散乱したブースなどはまず人は呼べません。動線の作り方や乱雑な物の収納場所など、展示会施工業者と運営管理者がよく話し合って、気持ちよく人を招き入れることのできる売り場にするのが一番です。腕のよい施工業者なら、希望に対して適切な回答を提案してくれるでしょう。信頼のおける実績ある業者なら、「売り場」の作り方も熟知しているので安心です。

広告募集中